パワハラでうつ病、熊本県立支援学校講師退職【加害者特定?】

職場でのハラスメント
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191103-00000001-kumanichi-l43

熊本県南の県立特別支援学校に勤務していた30代男性講師が、40代女性教諭によるパワーハラスメントが原因とみられるうつ病で入院し、その後退職していたことが2日、分かった。同校の校長も「パワハラに当たる行為があった」と認めている。

男性講師は2017年4月に赴任。男性や複数の学校関係者によると、同じクラスを担当する女性教諭は、男性に「自分より早く退勤するな」「学校を休むな」などと命じ、自分の授業をたびたび押しつけたという。

男性は同10月ごろからめまいや頭痛、血便などの体調不良を訴えるようになり、19年1月にうつ病と診断された。自宅で自殺を図り、1週間入院。その後2カ月間休んだ。学校側は4月に女性教諭を配置転換したが、男性は回復せず、8月に退職した。

校長と県教育委員会の聞き取りに対し、女性教諭は男性講師に対する発言の一部は認めたが、「パワハラ行為ではない」と話しているという。(2019年11月3日付 熊本日日新聞朝刊掲載)

また、パワハラによって退職に追い込まれたという事件です。
しかも、学校教員同士ですね。学校の労働環境には問題が多そうです。

こちらも熊本の支援学校でのハラスメントですね。
https://hunt-a-job.com/archives/790

スポンサーリンク

事件の概要は?

熊本県南の県立特別支援学校に、2017年4月に赴任してきた30代の男性講師が、40代女性教諭によるパワーハラスメントが原因とみられるうつ病で入院し、その後退職していたとのことです。

学校では、女性講師によるパワハラが多いのでしょうかね。

男性や複数の学校関係者によると、同じクラスを担当する女性教諭は、男性に「自分より早く退勤するな」「学校を休むな」などと命じ、自分の授業をたびたび押しつけたとのことです。

それによって、男性は同2017年4月ごろからめまいや頭痛、血便などの体調不良を訴えるようになり、19年1月にうつ病と診断され、自宅で自殺を図り、1週間入院し、その後2カ月間休んだようです。

とてもつらかったでしょうね。これは、完全にパワハラです。

しかし、女性教諭は男性講師に対する発言の一部は認めたが、「パワハラ行為ではない」と話しているとのことです。

パワハラを知らないのかもしれないですね。

パワーハラスメントとは?厚生労働省の定義や訴え方・防止法について
「パワーハラスメント」とは、社会的に立場の高い者による、自らの権力や立場を利用した嫌がらせのことです。 「パワハラ」という略語で呼ばれ、主に、同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範...

 

教育委員会・学校の対応は?

同校の校長も「パワハラに当たる行為があった」と認めており、学校側は4月に女性教諭を配置転換したとのことです。

しかし、男性講師は、回復せずに退職となりました。

学校の対応は悪くはないですが、迅速に、厳格な処分を行えていればよかったのかもしれませんね。

 

 

熊本県立支援学校はどこ?加害教師の氏名・顔画像は?特定か?

熊本県南の県立特別支援学校とのことなので、どこの高校なのかは判明しておりません。
そのため、加害教師の氏名や顔画像も特定できておりません。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました