新生児殺害 倉庫で産み殴った【二家本佳代子SNS特定?】

気になる事件
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
新生児殺害疑いで母親逮捕 倉庫で産み殴ったか
山口県警は5日、山口県周南市の自宅敷地の倉庫で産んだばかりの男児の頭部を殴り、死亡させたとして殺人容疑で母親の会社役員、二家本佳代子容疑者(41)を逮捕した。容…

山口県警は5日、山口県周南市の自宅敷地の倉庫で産んだばかりの男児の頭部を殴り、死亡させたとして殺人容疑で母親の会社役員、二家本佳代子容疑者(41)を逮捕した。容疑を認めている。

逮捕容疑は10月26日未明ごろ、倉庫で男児を出産した後、頭部を何らかの方法で複数回打撃し死亡させた疑い。司法解剖の結果、死因は頭蓋内頭皮下出血による脳浮腫だった。

県警によると、同日午前7時50分ごろ、容疑者と同居していた父が消防に「倉庫で娘が大量出血して倒れている。赤ちゃんも生まれている」と通報。病院に運ばれ、男児は死亡が確認された。県警は容疑者の回復を待ち逮捕した。

(産経新聞)

スポンサーリンク

事件の概要とは?

山口県周南市の自宅敷地の倉庫で、産んだばかりの男児の頭部を殴り、死亡させたとして、殺人容疑で、11月5日に母親の会社役員、二家本佳代子容疑者(41)が逮捕されました。

10月26日未明ごろ、倉庫で男児を出産した後、頭部を何らかの方法で複数回打撃し死亡させたとのことですが、男児が死亡しているのを発見した時刻が午前7時50分頃でした。

それを踏まえると、二家本佳代子容疑者は、父親が寝ている間に陣痛を感じ、産まれるのがわかっていて自宅敷地内にある倉庫まで移動したと考えられます。

そして、母親一人きりで倉庫に籠り、苦労して出産した後すぐに、男児の頭部を殴って死亡させたとのことですが、死因として頭蓋内頭皮下出血による脳浮腫だとの結果が出るほど、出産後の衰弱した身体で殴ったと考えると、すごく怖いですよね。

しかし、何らかの事情で中絶することができなかったと考えても、苦労して産んだ命をすぐに自らの手で殺してしまうのであれば、無責任に子どもを産むなよ、と言いたくなるのが本音です。

今回の事件に至った動機が何なのか、気になるところですね。

子どもの父親は?

記事を見るに、二家本佳代子容疑者はどうやら実家に帰省しているようです。

いわゆる里帰り出産か、もしくは離婚して実家に帰省しているのかの二択かと考えられます。

もし、里帰り出産なのであれば、子どもの父親は一体何をしているのでしょうね。

二家本佳代子容疑者(41)とは?

山口県の会社で役員として働いている41歳の女性、という情報しか明らかにされておりません。

情報が分かり次第、こちらに追記いたします。

SNS特定は?顔写真は?

二家本佳代子容疑者(44)は、どうやらFacebookのアカウントが存在するようです。

本人かどうかの確証が持てないため、こちらにはリンクを貼ってはいませんが、かなり特徴的な名字であり、所在地も山口県であるため、おそらく本人だと思われます。

読み方は、一般的には二家本で「にかもと」と読むようなので、こちらの読みが正しければ、「にかもとかよこ」さんだと考えられます。

あくまでも仮定ですが、投稿された内容が本人によるものだと考えて感想を述べるのであれば、お子さんと写っている写真が多く投稿されているため、端から見れば幸せそうに見えるなという印象でした。

こういった非常に惨い事件を起こしてしまう何かが、あったのでしょうね。

気になる方は、どうぞFacebookで探してみてください。

コメント

  1. […] 引用:https://hunt-a-job.com/ […]

タイトルとURLをコピーしました