万引容疑者自宅の冷蔵庫に遺体、親族か【ヤバすぎる真相とは?】

気になる事件
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
ページが見つかりませんでした : 読売新聞オンライン

愛知県警瀬戸署は12日、窃盗容疑で逮捕した男の自宅にあった業務用冷蔵庫から性別不明の遺体が見つかったと発表した。署で身元確認を急いでいる。

発表によると、愛知県瀬戸市東山町の無職の男(58)で、瀬戸市内の商業施設で2017年1月20日、カップ麺1個を盗んだとして、瀬戸署は12日午前、窃盗容疑で逮捕した。

署員が男の自宅を捜索したところ、性別不明の遺体を発見。干からびた状態で、死後数年が経過しているとみられる。男は一人暮らしで、以前は両親と暮らしていたが、07年に父親、13年には母親が亡くなったという。
(読売新聞)

不可解な事件ですね。

不気味な内容ですが、事件の詳細と容疑者の氏名や顔画像についてみていきたいと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

事件の概要は?

愛知県瀬戸市東山町にある住宅で、窃盗容疑で家宅捜索をしていた瀬戸署員が、冷蔵庫に遺体が入っているのを見つけたとのことです。

捜査関係者によると、住人の親族の可能性があり、同署は死体遺棄事件として調べているようです。

2017年に瀬戸市内であった万引事件で、この住宅に住む無職小嶋孝一容疑者(58)を逮捕し、捜索したとのことです。

ちなみに、万引きしたのは、カップ麺1個だそうです。

万引き事件から家宅捜索までの期間が不思議ですよね。

しかし、警察も、2年前の万引き事件を厳しく取り締まってくれているとは、頼りになりますね。

 

 

事件の犯人は?顔画像特定か?SNSは?

無職小嶋孝一容疑者(58)が万引き事件の犯人だと思われます。

しかし、遺体に関しては、この容疑者によるものなのかどうかは現在判明しておりません。

また、この遺体がなぜ、亡くなったのかも判明しておりません。

殺人なのか、病死なのか果たして、真相は何なのでしょうか。

 

 

 

遺体の身元は?親族か?

冷蔵庫内の遺体は、年齢や性別が不明で、頭を下にしてかがんだ状態で、服は着ておらず、バスタオルが掛けられていたとのことです。

小嶋容疑者は1人暮らしだそうですが、以前は両親と暮らしていたが、07年に父親、13年には母親が亡くなったとのことです。

そうすると、両親の遺体ではないということになりそうですよね。

誰の遺体なのかわかりませんが、遺体とともに生活をしていたというのは、非常に恐ろしいですね。

警察では、遺体を司法解剖して、死因や経緯を調べるとのことです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました