後輩消防士を逆さづり 茨木市消防【加害者特定か?】

職場でのハラスメント
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
消防、後輩の首に血圧計巻き圧迫 大阪・茨木、救命士3人免職:山陽新聞デジタル|さんデジ
 大阪府茨木市消防本部は12日、血圧計で後輩の首を強く圧迫したり消防車に逆さづりにしたりしたとして、33~47歳の男性救急救命士3人を懲戒免職処分にした。うち1人は被害の口止めも図っていた。記者会見で...

大阪府茨木市消防本部は12日、血圧計で後輩の首を強く圧迫したり逆さづりにしたりしたとして、33~47歳の男性救急救命士3人を懲戒免職処分にした。うち1人は被害の口止めも図っていた。

同消防本部によると、5月17日午前0時35分ごろ、白川分署に所属していた消防士長(34)と消防副士長(33)が、出動の帰りに給油所に立ち寄った際、救急車内で自動血圧計の帯状器具を後輩の20代男性の首に巻き付け、作動させて内出血を顔や目に生じさせた。

その日のうちに消防士長から申告を受けた同分署の消防司令補(47)は関係者に口外しないよう求め、上司にも報告しなかった。
(山陽新聞)

パワハラについてはこちらに詳しく記載しています。

パワーハラスメントとは?厚生労働省の定義や訴え方・防止法について
「パワーハラスメント」とは、社会的に立場の高い者による、自らの権力や立場を利用した嫌がらせのことです。 「パワハラ」という略語で呼ばれ、主に、同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範...

今後、施工されるハラスメント規制法は、パワハラの根本解決策になるでしょうか?

【パワハラの解決策となるか!?】ハラスメント規制法が成立
2019年5月29日、参議院本会議で「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律等の一部を改正する法律」が可決され、パワハラの防止措置を義務付けた「労働施策総合推進法」が成立しました。 この法律の施行時期は、大企業では2020年6月1日...

また、消防士の不祥事です。
消防士の事件はこちらです。

搬送女性に個人情報を不正利用しメール 懲戒処分【消防副士長特定?】
救急搬送時に把握した女性の電話番号を不正に利用し、勤務中に「会いたい」などとメールを送ったとして、東京消防庁は31日、牛込署の男性消防副士長(28)を減給100分の20(3月)の懲戒処分とした。 同庁によると、消防副士長は9月2日...
衣料品店内で用を足し商品など汚す【消防士長(55)を特定?】
名古屋市消防局の男性消防士長(55)が酔った勢いで衣料品店内で用を足し商品を汚したとして、18日付で停職2か月の懲戒処分を受けました。 名古屋市によると、中村消防署の消防士長は今年6月、同僚と酒を飲んだ帰宅途中、衣料品店の店内で用...
同僚のX線写真を隠し撮り【消防署員と珍しい症例特定か?】
茨城県取手市消防本部の40代男性消防司令補が9月、骨折して市内の病院で診察を受けた40代男性消防士長のX線写真を病院や本人の許可を受けずにスマートフォンで撮影し、同僚の消防職員らに送信していたことが2日、わかった。市は隠し撮りし...

 

スポンサーリンク

事件の概要は?

大阪府茨木市消防本部は12日、血圧計で後輩の首を強く圧迫したり逆さづりにしたりしたとして、33~47歳の男性救急救命士3人を懲戒免職処分にしたとのことです。

これは、東須磨小学校の教員いじめ事件にも匹敵するような悪質な事件ですよね。

しかも、うち1人は被害の口止めも図っていたとのことです。

消防本部によると、5月17日午前0時35分ごろ、白川分署に所属していた消防士長(34)と消防副士長(33)が、出動の帰りに給油所に立ち寄った際、救急車内で自動血圧計の帯状器具を後輩の20代男性の首に巻き付け、作動させて内出血を顔や目に生じさせたとのことです。

また、朝日新聞デジタルで更新された別の記事では、消防司令補(47)も、ライターの火に殺虫スプレーを噴射して炎を発生させ、その前を通らせたり、別の日には、20代男性を倒して、全身を30回以上蹴ったりといった行為をしていたそうです。

後輩の消防士を逆さづり・炎の前通らせ… 幹部懲戒処分:朝日新聞デジタル
 後輩の消防士を逆さづりにするなどの暴行を加えたとして、大阪府茨木市消防本部は12日、消防司令補(47)、消防士長(34)と消防副士長(33)の男性職員3人を懲戒免職にし、発表した。 発表によると、消…

仮にも、消火活動を仕事としている消防士が、同じ職務を担う消防士に対して、炎を自ら発生させて、しかもその前を通らせるなんて、おかしいとしか言いようがありません。

かなり悪質な事件ですし、日常的にこのようなことが行われていたのではないでしょうか。

今後も、このような人の命を脅かすような悪質な行為がどんどん明るみになるのではないかと予想されるので、分かり次第、更新していきたいと思います。

 

事件の加害者は?

今回の逆さづりの件については、白川分署に所属していた消防士長(34)と消防副士長(33)が加害者です。

これ以上はわからないので、氏名・顔画像は特定できておりません。

また、消防士長から申告を受けた同分署の消防司令補(47)は関係者に口外しないよう求め、上司にも報告しなかったとのことですので、隠蔽したこやつも同罪です。

しかも、逆さづりの件には直接関与はしていなかったものの、上記の記事で明らかになった炎の前を通らせるなどのいじめは、消防司令補(47)が中心に行っていたとのことなので、こやつも事件の加害者であるといえます。

人の命を守る責務を担っている仕事をしているにも関わらず、命を脅かすことを悪びれもせずに、今回のような行為を行っていたと考えると、ゾッとしますね。

 

消防本部がとった対応とは?

今回の事件を受けて、消防本部は、消防長である泉頼明を減給10分の1(3ヶ月)としたほか、消防士長(34)と消防副士長(33)、消防司令補(47)をそれぞれ懲戒免職処分としました。

消防長は、「良識を逸脱する行為で、市民の信用の失墜を招き、深くおわびする」とコメントを残したそうです。

 

最後に

消防や警察、学校というのは、組織的に犯罪などを隠蔽しがちなところがあります。

公務員の体質と言いますか、このようなものは本当になくしてかなければいけませんよね。

消防署と言えば、先日発覚した、函館消防署の8割の職員が、残業手当を不正に受け取っていた事件もありました。

400人いる職員の8割の300人が手当てを不正に受け取っていたって、相当ヤバくないですか?

こんなのは、氷山の一角でしょう。

このようなクソ公務員に、我々の血税が払われているなんて、本当に不愉快ですね。

加害者が分かり次第、個人情報をさらしまくって、拡散して、社会的制裁を施してやりたいところです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました