はさみ持ち「頭の中どうなっているのかな」神戸市立小【女性教員特定?】

学校でのハラスメント
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191113-00000000-kobenext-soci

神戸市立小学校で10月、50代の女性教員が5年の男子児童に頭の上から大型のはさみを近づけ、切るしぐさをしながら「頭の中はどうなっているのかな」などと発言していたことが12日、市教育委員会への取材で分かった。

市教委によると、10月28日、音楽会に向けた練習で、男児が周囲と話すなどして歌おうとしない態度を担任の30代男性教員が問題視し、ベテランの女性教員に相談。放課後に男児を残らせ2人で指導していた際、座っていた男児に対し、女性教員が近くにあったはさみを持ち出したという。

翌29日、男児の保護者から「やり過ぎではないか」と学校側に相談があり、発覚。男児と保護者にはその日のうちに謝罪したという。市教委は「はさみを近づけるのは危険な行為で、指導の行き過ぎだ」とし、今後、女性教員への処分を検討するとしている。
(神戸新聞)

またまた、神戸の学校です。

神戸の教育事情はどうなっているのでしょうか。

子どもたちがかわいそうでなりません。

事件の詳細とスクハラ・パワハラを行った女性教員の頭の中について詳しく見ていきたいと思います。

今回のような行為は、スクールハラスメントにも該当するのではないでしょうか。
スクハラについてはこちらに詳細を記載しております。

スクールハラスメントとは?事例と対応策とは?署名活動について
スクールハラスメントとは、学校内で行われるいじめや嫌がらせ行為のことを指し、セクハラ・パワハラ・モラハラなどのハラスメントの総称のことをいいます。 大抵の場合は、立場が上の者から下の者へ行われることが多いため、教師と生徒の場合に該当す...

パワハラについてはこちらです。

パワーハラスメントとは?厚生労働省の定義や訴え方・防止法について
「パワーハラスメント」とは、社会的に立場の高い者による、自らの権力や立場を利用した嫌がらせのことです。 「パワハラ」という略語で呼ばれ、主に、同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範...

 

 

 

スポンサーリンク

事件の概要は?

神戸市立小学校で、10月28日、音楽会に向けた練習で、男児が周囲と話すなどして歌おうとしない態度を担任の30代男性教員が問題視し、50代のベテランの女性教員に相談したとのことです。

そして、放課後に男児を残らせ2人で指導していた際、座っていた男児に対し、女性教員が5年の男子児童に頭の上から大型のはさみを近づけ、切るしぐさをしながら「頭の中はどうなっているのかな」などと発言していたそうです。

教育の現場や、子どもたちのいる近くでは、はさみや刃物といった、故意ではなく不注意によって、相手を傷つけてしまいかねないものは、目の届くところに置くべきではありませんよね。

それなのに、教師のほうが、子どもに近づけるとは、教育者として考えられません。

この女性教員の頭の中を見ていたいところです。
 

 

問題を起こした女性教員の氏名や顔画像は?特定か?

神戸市立小学校の50代のベテランの女性教員とのことです。

それ以上はわかっておりませんので、学校名や女性教員の氏名・顔画像も特定できておりません。

わかり次第、頭の中とともに追記いたします。

 

 

 

最後に

教育委員会では、今後、女性教員への処分を検討するとしているとのことですが、これは、脅しというか、未遂に終わっていますが、下手をすれば大けがや大惨事になりかねませんよね。

このような行為を平気で行えるという、教育者の心理が理解できません。

また、このようなことを行ってしまうのであれば、教育の現場に立つべきではありません。

厳格な処分を望みます。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました