勤務中に酒気帯び運転 物損事故で巡査部長逮捕【特定か?】

気になる事件
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
勤務中に酒気帯び運転で物損事故、巡査部長を減給処分 警視庁
勤務中に酒気帯び運転で物損事故を起こしたとして、警視庁は22日、牛込署刑事組織犯罪対策課の男性巡査部長(42)を減給100分の10(6カ月)の懲戒処分にした。巡…

 勤務中に酒気帯び運転で物損事故を起こしたとして、警視庁は22日、牛込署刑事組織犯罪対策課の男性巡査部長(42)を減給100分の10(6カ月)の懲戒処分にした。巡査部長は同日付で依願退職した。

人事1課によると、巡査部長は10月8日午前9時40分ごろ、署の公用車を運転中に東京都渋谷区千駄ケ谷の交差点で、ワゴン車に接触する物損事故を起こした。事故後に原宿署で飲酒検査をしたところ、巡査部長の呼気からアルコールが検出されたという。

警視庁は22日、道路交通法違反(酒気帯び運転)容疑で巡査部長を書類送検。巡査部長は事件前日に自宅で飲酒しており、調べに対し「飲み過ぎなければ大丈夫だと思った」と話しているという。

(産経新聞)

勤務中に酒気帯び運転をして物損事故を起こしたとされている今回の事件ですが、仮にも警察という職務でありながら、しかも勤務中に飲酒を疑われるような行動を取っていたと考えると、ちょっと常識が足りないんじゃないかなと言いたくなります。

今回の事件について、より詳しく見ていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

事件の概要は?

10月8日午前9時40分ごろ、男性巡査部長(42)は、署の公用車を運転中に、東京都渋谷区千駄ケ谷の交差点で、ワゴン車に接触する物損事故を起こしました。

事故後に原宿署で飲酒検査をしたところ、巡査部長の呼気からアルコールが検出されたとのことですが、どうやら、前日に飲酒していたアルコールが抜けきらないままに出勤し、車を運転したと思われます。

巡査部長は取り調べに対して、「飲み過ぎなければ大丈夫だと思った」と供述していますが、翌日に飲酒検査でアルコールが検出されるほどの量を飲酒していたと考えると、考慮が足りていなかった、では済まないのではないでしょうか。

もしかしたら、そこまで考えられないほど気分も高揚していて、流れに任せて飲み過ぎていた場合も考えられますしね。

 

この件に関して、警視庁は22日、道路交通法違反(酒気帯び運転)の容疑で巡査部長を書類送検しています。

 

 

男性巡査部長の氏名は?顔写真は?

牛込署刑事組織犯罪対策課の男性巡査部長(42)であるという情報以外は、いまだに明らかにされておりません。

分かり次第、こちらに追記いたします。

 

 

最後に

事故発覚後、この男性巡査部長(42)は、減給100分の10(6カ月)の懲戒処分が下されたとのことです。

これを受けて、巡査部長は同日付で依願退職をしたそうです。

今回は、けが人が出なかったから良かったものの、飲酒運転による事故は特に、下手をしたら人を殺してしまうこともありうる危険な行為といえます。

仮にも、取り調べて罰する立場である警察が、逆に悪い見本であるような行為を行うのは本当にやめてほしいですね。

この巡査部長には、自分がしたことをしっかりと反省してもらいたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました