男性弁護士 就寝中の男性にわいせつ行為で逮捕 【詳細は?】

気になる事件
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
男性弁護士、就寝中39歳男性にわいせつ疑い逮捕 - 社会 : 日刊スポーツ
深夜に住宅に忍び込み、就寝中の男性にわいせつな行為をしたなどとして、兵庫県警西宮署は23日までに準強制わいせつと住居侵入、窃盗などの疑いで、兵庫県弁護士会所属… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

深夜に住宅に忍び込み、就寝中の男性にわいせつな行為をしたなどとして、兵庫県警西宮署は23日までに準強制わいせつと住居侵入、窃盗などの疑いで、兵庫県弁護士会所属の弁護士児玉淳容疑者(33)を逮捕した。署によると「私がしたことに間違いない」と容疑を認めているという。

逮捕容疑は、10日午前0時半~同6時ごろ、西宮市内の住宅に忍び込み、寝ていた男性(39)の衣服の股間部分を刃物で切り、わいせつな行為をし、男性が飲みかけのペットボトルを盗んだ疑いと、別の部屋で寝ていた同居人の男性(20)の衣服の股間部分も同様に切り、わいせつな行為をしようとした疑い。21日に神戸市内で逮捕した。

捜査関係者によると、被害者の2人は会社の同僚でルームシェアをしていた。39歳の男性が午前6時ころ、何かがおかしいと気付き跳び起きたところ、ジャージーとパンツの股間部分が切られ、わいせつな行為をされた跡があったという。20歳の後輩のいたずらだと思い、起こしたところ、同じように衣服の股間の部分が切られており「何者かに侵入され、股間の部分を破られた」と110番通報した。男性2人は児玉容疑者とは面識はないという。

西宮市内では6月から何者かに自宅に侵入された男性の被害が数件あり、署は関連を調べる。

(日刊スポーツ)

今回の事件で一番注目すべきところは、なんといっても、男性から男性へのわいせつな行為をしたことによって逮捕されたという点です。

このように、男性から男性へのわいせつ行為が事件として取り上げられ、実際に逮捕まで至るケースは極めて珍しいといえます。

 

こちらの記事では、事件の概要とわいせつ行為の詳細について見ていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

事件の概要とは?

兵庫県警西宮署は23日までに準強制わいせつと住居侵入、窃盗などの疑いで、兵庫県弁護士会所属の弁護士である児玉淳容疑者(33)を逮捕しました。

事件の概要としては、児玉容疑者は11月10日の午前0時半~同6時ごろに西宮市内の住宅に忍び込み、同居していた男性2人にわいせつ行為をした疑いがあり、窃盗もしたとのことです。

女性がわいせつな行為をされるというニュースは、不本意ながらも、よく報道されていますが、男性がわいせつな行為をされるというケースは極めて珍しいですよね。

性の捉え方においても多様な考え方が浸透してきている中で、このような事件もこれから多発していくのかと思うと、男性だろうと安心していられないですね。

 

上記のような行為に対して、児玉容疑者は容疑を認めており、「私がしたことに間違いない」と供述しているとのことです。

 

 

わいせつ行為の詳細とは?

わいせつ行為の詳細としては、男性(39)の衣服の股間部分を刃物で切り、わいせつな行為をし、男性が飲みかけのペットボトルを盗んだとしています。

これだけでも十分気持ち悪いですよね。

しかし、児玉容疑者はそれだけではとどまらず、別の部屋で寝ていた同居人の男性(20)の衣服の股間部分も同様に切り、わいせつな行為をしようとした疑いがあるとのことです。

目が覚めたら、股間部分が切られていたなんて、恐怖以外の何物でもありません。

しかも、被害者は容疑者とは全く面識がないとのことなので、全く知らない人からわいせつ行為を、しかも寝ている間にされていたと考えるだけでゾッとします。

 

 

最後に

児玉容疑者が立て続けにわいせつ行為をしようとしたこと、口をつけたと思われるペットボトルを盗んだということを踏まえると、よっぽどこういうことに飢えていたのでしょうか。

性別によって恋愛をすることが難しいことはあるかとは思いますが、このような行為に走るなら、勝手に風俗でもいって発散してろよって感じですね。

しかし、今回の事件によって、女性だけでなく、男性もこのような被害に遭ってしまう可能性があることを改めて再認識させられました。

くれぐれも、このような被害に遭わないように気を付けないといけませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました