余った給食4年間持ち帰る 堺の高校教諭 処分の必要なし

気になる事件
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
余った給食4年間持ち帰る 堺の高校教諭「もったいない」(共同通信) - Yahoo!ニュース
 堺市教育委員会は25日、4年間にわたって余った給食のパンと牛乳を持ち帰ったとして、市立堺高の男性教諭(62)を減給3カ月(10分の1)の懲戒処分にした。教諭は同日付で退職した。「廃棄するのがもった

 堺市教育委員会は25日、4年間にわたって余った給食のパンと牛乳を持ち帰ったとして、市立堺高の男性教諭(62)を減給3カ月(10分の1)の懲戒処分にした。教諭は同日付で退職した。「廃棄するのがもったいないと思った」と話しているという。

市教委によると、男性教諭は2015年から夜間定時制で給食指導を担当、生徒が欠席するなどして出た給食の余りを引き取っていた。今年6月に匿名の通報があり発覚。持ち帰った給食はパン約千個、牛乳約4200本で、総額は約31万円に上った。教諭は全額を市教委に返還した。
(共同通信)

減給3カ月の懲戒処分となり、結局、退職してしまっています。

しかし、これは、処分されるような悪いことをしたと言えるのでしょうか。

事件について見ていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

事件の概要は?

堺市立堺高の男性教諭(62)は、2015年から夜間定時制で給食指導を担当、生徒が欠席するなどして出た給食の余りを引き取っていたとのことです。

これに対し、堺市教育委員会は25日、4年間にわたって余った給食のパンと牛乳を持ち帰ったとして、男性教諭を減給3カ月(10分の1)の懲戒処分にしました。

教諭は同日付で退職したとのことです。

今年6月に匿名の通報があり発覚しました。

持ち帰った給食はパン約千個、牛乳約4200本で、総額は約31万円に上り、教諭は全額を市教委に返還したとのことです。

 

 

処分は妥当か?

「廃棄するのがもったいないと思った」という気持ちからの行動だそうです。

また、廃棄の手間を省くための行為だったとも説明しているようです。

確かにルール違反は違反かもしれません。

 

しかし、この男性教諭の行動は、本当に間違ったものなのか、今一度、考える必要があるかと思います。

また、良くないことだと認め、返還していますよね。ということは、節約などのためではないと言えるのではないでしょうか。

それよりも、純粋に、食べ物を無駄にしたくないという気持ちからの行為です。

納得のいかない処分であり、退職だと思います。

 

 

最後に

教育委員会としては、もっと厳格に、適切に処分するべき事案はいくらでもあるのではないでしょうか。

いじめであったり、盗撮、わいせつ行為など、甘い処分を下しているものはいくらでもあります。

また、教育に関する組織として考えなければいけないのは、「食育」です。

不必要な量を準備してしまい、それらを無駄にして、まだ食べられるものを毎日大量に廃棄してしまうということは、教育の現場として、適切だと言えるのでしょうか。

それよりも、無駄にせずに、持ち帰って食べたほうが、食育としては、正しい行為なのではないかと言えるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました