テクハラとは?IT時代特有の嫌がらせ行為とは?具体的な事例は?

ハラスメントの種類と解決策
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

テクノロジーハラスメントとは、スマートフォンやパソコンなどのIT機器の操作に不慣れな人に対する嫌がらせ行為のことを指します。

パソコンが浸透するにつれて、学校教育の中でもIT教育が導入されるほど、社会の中では必要不可欠な機器になっていますし、携帯電話やスマートフォンなんかは、若い世代にとっては手放せないものになっています。

時代が進むにつれて、今よりももっとIT化が進むと予想される中で、テクノロジーハラスメントも深刻な問題となる可能性が高いといえます。

 

こちらの記事では、テクノロジーハラスメントの定義と事例、対処法と解決策について解説します。

 

 

スポンサーリンク

テクノロジーハラスメントとは?

テクノロジーハラスメントとは、別名「テクニカルハラスメント」とも呼ばれており、IT化が進む中で、文明の進化についていけなくなった人、もしくは、パソコンやスマートフォンなどのIT機器の操作等が苦手な人に対して、できないことを責めたり、相手を見下したりする嫌がらせ行為のことを指します。

現代では、スマートフォンやタブレット、パソコン、FAXやコピー機などのIT機器が使えることが当たり前という風潮がありますが、かつては、そういった機器はありませんでした。

むしろ、IT化に伴い、スマートフォンやパソコンなどのIT機器を使いこなせないといけないという現代だからこそ、学校教育にIT教育を追加したり、幼児や小児からプログラミング教育を導入したりといった動きが見られていますが、こういった動きも、いってしまえばごく最近のことです。

そのため、IT機器があまり普及していなかった世代の方がIT機器に疎くなってしまうのは当然といえるのですが、それを考慮せずに、「なんでこんなこともわからないの?」「一回で覚えられるでしょ」と何気なく言ってしまう人は少なくありません。

今後、よりIT化が進むことは容易に予想されるため、こういった文明の進化についていけなくなった人に対しての心ない言葉や対応は益々増加すると予想されます。

 

 

テクノロジーハラスメントの事例

ここでは、テクノロジーハラスメントの事例についてご紹介します。

  • FAXの送信の仕方がわからず、部下に聞いたところ、「え、今時、FAXの送信の仕方がわからない人っているんですね。」と言われた
  • パソコンの操作がわからずに困っていると、上司から「このご時世なんだから、パソコンくらいまともに使えるようになってよ。本当に使えないやつだな。」と悪態をつかれた
  • コピーの仕方がわからないので上司に聞いたところ、「いやいや、コンビニにあるんだから聞かなくてもわかるでしょ。」とまともに聞いてもらえなかった
  • 上司がメールの送受信の仕方には詳しくないのをわかっていて、上司への連絡事項を「メールに送りましたよ。」「確認していない方が悪いですよね。」と嫌がらせをする
  • パソコンに詳しい部下に操作方法を教えてほしいと頼んだところ、「こんなのもわからないのに、よく仕事してこれましたね。」と馬鹿にされた

上記のように、パソコンなどのIT機器に関して、知識のある人から知識のない人のことを馬鹿にしたり、相手を傷つけるような発言をする行為がテクノロジーハラスメントに該当します。

 

 

テクノロジーハラスメントの対処法

ここでは、テクノロジーハラスメントの加害者にならないための対処法についてご紹介します。

 

IT機器が苦手であることを馬鹿にしない

IT機器が苦手であることを逆手にとって、あえて苦手な操作をさせるように仕向けたり、できないとわかっていてIT機器を使用しないといけないような状況に追い込んだりすることは、立派なハラスメントになります。

ましてや、明らかに悪意を持って上記のような行為を行う場合には、ハラスメントでもあり、いじめ行為でもあります。

また、苦手なことだけに焦点を当てて、「こんなこともできないなんて」と相手を責めるような行為も、ハラスメントになります。

誰でも、できないこと、苦手なことに対して、馬鹿にされたら不快に思いますよね。

自分がされて嫌だと思うことは、相手がされても嫌なことだと自覚して、そういったハラスメントやいじめ行為に繋がることはしないように心がけることが重要です。

 

できることが当たり前だと思わない

IT機器を頻繁に使用する時代になったからといって、みんながパソコンや携帯電話などのIT機器を使いこなせるわけではありません。

特に、IT機器などの操作を理解することが難しいと感じている人や、まだIT機器が普及していなかった時代に働いていた人にとっては、使いこなすことができなくても不思議ではありません。

現に、IT機器に限らず、使用したことがないものを初めて使用するとなると、怖いな、できるのかなと不安になるのは当たり前ですし、人によっては、理解して使い慣れるまでに相当な時間と労力を費やします。

そのため、できないからといって相手を責めるのはお門違いです。

できることが当たり前だと思わないこと、理解できるまでの時間は人によって違うことをしっかりと理解して、相手の人を責めたり、馬鹿にしないように注意しましょう。

 

 

テクノロジーハラスメントの解決策

ここでは、テクノロジーハラスメントの解決策についてご紹介します。

 

IT機器に関する使用方法などの講習を行う

IT機器に関する使用方法や操作方法などがわからず、入社した後にどうしたらよいのか困ってしまう人も少なからずいると思います。

今でこそ、パソコンなどの授業を学校教育に取り入れている現状はありますが、それがあったとしてもIT機器の操作が苦手な人はもちろんいますし、一度説明を聞いただけでは理解できない人もいます。

そんな人達のために、講習といった形でIT機器に関する使用方法などを詳しく説明する場を設けると、業務に取り組む際の操作方法などの不安感を解消することができます。

また、講習の参加対象を新入社員のみにするのではなく、IT機器の操作などが苦手な社員も参加できる形にすることで、IT機器への不安感や恐怖感を軽減したり、ハラスメントを防止することにもつながります。

 

IT機器の使用方法を分かりやすい場所に掲示しておく

IT機器への使用方法または操作方法を何度も聞かれると、「忙しいときにやめてくれよ」とか、「何回同じことを聞くんだよ」と思ってしまうこともありますよね。

特に、仕事が繁忙期の時にそれが起こってしまうと、言ってはいけないとわかっていても、ついぽろっとハラスメントになるようなことを言ってしまうこともあると思います。

それを防止するために、または、質問しなくても一目見れば操作方法などがわかるように、IT機器の側に使用方法や操作方法を明記した紙を掲示しておくと効果的です。

 

より良い人間関係を築けるような環境づくりを心がける

IT機器の操作がわからない場合に、人に聞きにくいといった状況は少なからず存在します。

仕事が繁忙期でバタバタしていたり、課長や部長、係長といった役職に就いている、または、上司という立場で部下にわからないところを聞きにくいという状況だったり、新入社員だから誰に聞いてよいのかがわからない場合などが挙げられますよね。

その場合に、わからないところをお互いに聞き合えたり、より良い人間関係を築くことができるような環境を作れるような仕組みを考えて構築していくことが、ハラスメントを防止することにつながります。

 

社内の相談窓口に相談する

IT機器の操作ができないことと結びつけて、その人の人格を否定したり、できないやつだと扱うことは、モラルハラスメントにもなります。

そのため、テクハラやモラハラが過度に行われている場合には、ハラスメントの事実を会社に周知するためにも社内の相談窓口に相談する方が良いでしょう。

また、その際には、ハラスメントとなる言動や行動を日記などに残しておくこと、録音して音声を残しておくことなど、ハラスメントの記録を一緒に提出すると、スムーズに対応してもらいやすくなります。

 

 

最後に

テクノロジーハラスメントは、IT機器が普及してきたからこそ出てきたハラスメントだといえますが、普及してきたからといって、できることが当たり前ではありません。

しかし、IT機器を扱える人が増加したこと、仕事を担うのもIT機器が主流化してきたことが当たり前だと考えられてしまうと、できない人を馬鹿にしたり、なぜできないんだと責めたり、といった行動を引き起こしてしまうのがとても不思議ですよね。

IT機器に限らず、自分ができないことを責められたり、できないと言ったことに対して馬鹿にされたりしたら不快感を抱いてしまうことを改めて考えるようにすれば、ハラスメントといった行為は少なからず減るのではないでしょうか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました