辺野古の海上警備会社 セントラル警備保障 パワハラ上司特定?

職場でのハラスメント
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191017-00485610-okinawat-oki

護市辺野古沖の海上警備を受注するセントラル警備保障(CSP、東京)の警備員が、パワハラを受けたとして、上司に慰謝料200万円の支払いを求めていることが16日までに分かった。警備員は「お前、悪魔だよ」などと言われた後、病院で適応障害などの診断を受けた。上司側は発言を認めた上で、「事実関係を調査中」としている。

警備員と沖縄事業部ナンバー2である上司は昨年12月、沖縄市内で開かれた同僚の結婚披露宴に出席。警備員によると、上司が泡盛のグラスを渡し、「一気で飲まなければ(来年)3月でクビだからな」と強要したため、録音を始めた。

録音には、上司による以下の発言が記録されている。「お前が一番の悪」「あなたは3月末で終わり。はい、お疲れさまでした」「俺は警察出身。あなたはただの(契約社員)」「訴えるんだったら訴えて。俺は表に立つから」「裁判でも労基署でもいいよ。うちは1部上場の会社だから顧問弁護士もいる」「やっぱ沖縄だから時給2千円って言ったらいくらでも来んのよ」

警備員によると、同僚に仕事のやり方を注意したことはあったという。「ただ、悪魔と言われるようなことは全くしていない。片方の言い分だけを聞いてクビにするのはどうかしている」と批判。「会社も見て見ぬふりをしていて許せない。ウチナーンチュをばかにしている」と語った。

警備員は適応障害や急性胃炎の診断を受けた。結局雇い止めにはならず、4月以降も契約は更新されたが、睡眠が取れないなど体調不良が続き、現在は休職している。(沖縄タイムス)

名護市辺野古沖の海上警備を受注するセントラル警備保障(CSP、東京)の警備員に対する、上司からのパワハラ事件です。
パワハラの定義などは以下に詳しく記載しております。

パワーハラスメントとは?厚生労働省の定義や訴え方・防止法について
「パワーハラスメント」とは、社会的に立場の高い者による、自らの権力や立場を利用した嫌がらせのことです。 「パワハラ...
スポンサーリンク

パワハラの内容は?

パワハラの内容は以下です。
パワハラ被害にあった警備員は機転を利かせて録音してたようです。
これは、パワハラへの対応策としては素晴らしいですね。

  • 上司が泡盛のグラスを渡し、「一気で飲まなければ(来年)3月でクビだからな」と強要した。
  • 「お前が一番の悪」
  • 「あなたは3月末で終わり。はい、お疲れさまでした」
  • 「俺は警察出身。あなたはただの(契約社員)」
  • 「訴えるんだったら訴えて。俺は表に立つから」
  • 「裁判でも労基署でもいいよ。うちは1部上場の会社だから顧問弁護士もいる」
  • 「やっぱ沖縄だから時給2千円って言ったらいくらでも来んのよ」

俺は警察出身という発言は、許されるべきものでありませんし、非常に引っかかりますよね。警察出身者であれば、尚更、氏名・顔画像などを特定してやりたいところです。
また、裁判でも労基署でもといっていますので、是非、闘って負けてほしいですね笑
自分は会社が守ってくれるという旨の発言をしているので、もしかすると、パワハラ体質の会社なのかという気がします。組織ぐるみの犯行でなければ良いのですが。
しかし、被害者は、会社も見て見ぬふりをしていて許せない。ウチナーンチュをばかにしているとの発言をしているので、会社にも使用者責任をとってもらえるように、裁判に持っていってほしいですね。

セントラル警備保障とはどんな会社?

公式サイトから会社情報の抜粋です。(https://www.we-are-csp.co.jp/)
かなり大きな会社ですね。
元警察の社員がいたり、色々なものを守る警備会社にもかかわらず、自社の社員を守れないのでは、組織には問題があるのではないでしょうか。

創業:昭和41年3月10日
資本金:29億2,400万円
年商:511億9,386万円(平成31年2月末)
株式:東証第一部上場
社員数:3,709名(平成31年2月末)

パワハラを行った上司とは誰?顔画像の特定は?

上司側は発言を認めた上で、「事実関係を調査中」としているとのこですので、刑事事件には発展していないようです。
そのため、現在は、このパワハラ上司の氏名や顔画像の特定はされていません。
しかし、沖縄事業部ナンバー2とのことですので、判明するのも時間の問題なのではないでしょうか。

今後、ハラスメント規制法は、このようなパワハラの根本解決策になるでしょうか?

【パワハラの解決策となるか!?】ハラスメント規制法が成立
2019年5月29日、参議院本会議で「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律等の一部を改正する法律」が可決され、パ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました