自転車で救急車を通せんぼ【公務執行妨害の容疑者を特定?】

気になる事件
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191021-00000008-asahi-soci&pos=1

119番通報を受けて緊急走行していた救急車の前に2度立ちはだかり、救急活動を妨げたとして、愛知県警が、名古屋市天白区に住む翻訳業の男(48)を公務執行妨害の疑いで書類送検したことがわかった。男は容疑を認め、「(救急車に対して)積もり積もったものが噴出した」と話しているという。

天白署によると、送検は今月4日付。容疑は7月23日午前10時45分ごろ、同区焼山2丁目の交差点付近を緊急走行していた救急車の前に自転車で2度立ちはだかり、走行を妨げたというもの。

現場は天白消防署植田出張所のすぐ近くで、救急車は「女性が意識を失っている」との通報を受けて出発した直後だった。ほかの車が道を譲るなか、男は車道に出て救急車を一時停止させた。さらに救急車を追いかけ、数十メートル先の横断歩道でも再び妨害したという。消防から相談を受けて天白署が捜査を開始。救急車のドライブレコーダーをもとに男を見つけ出した。(朝日新聞社)

緊急走行している救急車の通行を妨害するという、常識では考えられない事件です。
このクレイジーな事件の詳細とクレイジーな犯人について、詳しくみていきたいと思います。

スポンサーリンク

クレイジーな犯行の内容は?

名古屋市天白区に住む翻訳業の男(48)は、119番通報を受けて緊急走行していた救急車の前に2度立ちはだかり、救急活動を妨げたとのことです。

ほかの車が道を譲るなか、男は車道に出て救急車を一時停止させたのち、さらに救急車を追いかけ、数十メートル先の横断歩道でも再び妨害したとのことですが、救急車の進行を妨害しようとする執念がすごいですね。

男は容疑を認め、「サイレンの音が嫌がらせと感じた。積もり積もったものが噴出した」と話しているとのことですが、なぜ、それほどの怒りを覚えることがあるのかかについては、現在のところ不明です。

 

クレイジーな犯行を行ったサイコパスな犯人の氏名・顔画像は?

名古屋市天白区に住む翻訳業の男(48)とのことですが、氏名や顔画像は特定されていません。
翻訳業とのことですが、どこかで勤めていたのか、自宅にて翻訳のライターとして働いていたような形なのでしょうか。何語を得意としていたのかわかりませんが、それよりももっと、日本の社会のことを正しく読み取れる力が必要ですよね。

最後に

ニュースからは正確にはわかりませんが、救急車が向かった先の意識を失った女性については、おそらく無事だったのではないかと思われます。
もし、1分1秒でも遅れることがあったのであれば、公務執行妨害どころか、殺人容疑となってもおかしくないでしょう。
現段階でも、殺人未遂容疑になってもおかしくはないかと思います。

このようなクレイジーな人物には、軽い罪だと、今後、さらにエスカレートしかねないので、危険を感じますね。重罪を与えることを望みます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました