年収110万 マクドナルド難民という 天気の子無関係の嘘記事?

気になる事件
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191021-01611848-sspa-soci

突っ込みどころが多すぎて、どこから突っ込めばよいか不明ですが、もう少し頭を使って、内容をひねり出し、現実感のある記事を作成するのが、ライターの仕事かと思います。

スポンサーリンク

年収110万の労働日数は何日?

昼は派遣バイトで働き、深夜の日雇い仕事を入れたいけど、ない場合は24時間営業の店で100円バーガーと水だけで過ごし、年収は頑張って110万円ぐらいとのことです。

昼は派遣バイトとのことなので、派遣だと一般的に時給は高いと思いますが、最低賃金で、週4日、一日6時間労働で計算してみたいと思います。

東京都の最低賃金
1,013円(令和元年10月1日発効)

年間52週×4日(週4日勤務)×6時間(1日6時間労働)×時給1,000円=128万円

これでも年収128万円です。

この平田さん(仮名)はどれだけ休みがほしいのでしょうか…。
この記事は、頑張っても報われない人がいるという結論にもっていきたいようですが、これは、努力義務の範囲だと思われます。
これに、さらに、深夜の日雇いバイトもたまにしているのですよね?

こんな年収になるわけないじゃないですか。

数学(算数)もできないようでは、ライターは務まりません。

過酷な労働よりもしんどいライフスタイル

「初めの頃は渋谷センター街にいたんだけど、早朝に『大丈夫ですか?』と声をかけてくるボランティアが苦手で……。朝までいられる店があっても、横になると店員に起こされる。だから座ったまま寝ないといけないんで、首も肩もボロボロ。頼れる人もいないから、この生活を続けるしかない」(日刊SPA!)

こんな生活を続けられるくらいなら、多少ブラックな会社でも働けると思うんですよね。
この生活リズムで暮らすのであれば、過酷な労働よりももっときついですよ。

頼れる人がいないって、早朝に声をかけてくるボランティアから逃げたのはアナタですよね。

よく浮浪者の方が早朝に、自転車にたくさん空き缶を積んでいるのを見かけますよね。
あの収集業務も相当過酷だと思うのですよね。あれができるなら、多少きつい労働も可能ですよね。

「天気の子」「マクドナルド難民」…検索キーワードを意識した記事?

大ヒット映画「天気の子」でも、主人公がネットカフェやマクドナルドを漂流するシーンが描かれていた。平田正治さん(仮名・43歳)は、運命の女性と出会わなかった場合の主人公の20年後か……。(日刊SPA!)

「天気の子」「マクドナルド難民」などというインパクトのあるタイトルや記事のキーワードを使用したいのでしょうね。
記事の内容や生活困難者に、「天気の子」の内容は無関係です。

天気の子を見たから、天気の子と絡めたいだけですよね。
私は見ていないので一ミリも知りませんが、天気の子を見て、そのネタを放り込みたいようにしか思えません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました