キャンパスハラスメントとは?事例や防止策、ネットワークについて

ハラスメントの種類と解決策
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

キャンパスハラスメントとは、キャンパス(大学)で行われるハラスメント(嫌がらせ)のことを指します。

スクールハラスメント(小学校・中学校・高校で起こるハラスメント)が社会問題となっているように、キャンパスハラスメントも社会問題となっており、ニュースとして取り上げられることが年々増加しています。

それを踏まえ、ハラスメントを防止する、または減らすための防止策をマニュアル化している大学も増えてきています。

こちらの記事では、キャンパスハラスメントの定義と原因、事例について触れながら、対処法と解決策についてご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

キャンパスハラスメントとは

キャンパスハラスメントとは、大学のキャンパス内で行われるセクハラやパワハラ、モラハラなどのハラスメントの総称のことを指しています。

もちろん、アカデミックハラスメントもキャンパスハラスメントに該当します。

 

アカデミックハラスメントの詳細はこちらに記載しております。

アカデミックハラスメントとは?定義や具体例は?相談先や対応法は?
アカデミックハラスメントとは、大学などの学術機関や研究機関において、教職員や指導者が教育上・研究上または職場での権限を乱...

 

また、アカデミックハラスメントの場合は、権力のある教授や指導者から下の立場である学生に対して嫌がらせ行為を行うことを指していますが、キャンパスハラスメントの場合は、上の立場から下の立場の者への嫌がらせ行為だけではなく、学生間や教員間、職員間で行われる嫌がらせ行為もハラスメントに該当します。

 

 

キャンパスハラスメントが起こる原因

実は、大学は通常の職場よりもハラスメントが起きやすいという特徴があります。

なおかつ、キャンパス内で行われるハラスメント行為は学生に深刻な被害を与えることが多くあります。

ここでは、キャンパスハラスメントが起こる原因についてご紹介します。

 

閉鎖的な環境であるため、外部に被害状況が漏れにくい

大学は、少人数のゼミや研究室が多く、大学の自治が認められているため、研究活動については外部から干渉されにくい閉鎖的な環境になりやすいという特徴があります。

外部から漏れにくいということがわかっていて、なおかつ、研究をする際にも2、3人などの少人数であるため、ハラスメントを起こしたとしても権力を行使することで口止めを強要し、状況がさらに悪化するというケースが多くなりがちです。

 

加害者となる者の権力が大きい

教授や指導者が加害者となる場合が多く、教員等は学生の成績や就職先の斡旋、推薦等の権限を持つため、学生は従わざるをえない状況に陥りやすいという特徴があります。

教授や指導者が自身の権力を振りかざして、我が身可愛さ故に学生を自分の思い通りにしようとすることは教育者として許される行為ではありません。

しかも、大学では扱う研究内容等によって非常に高度に専門化されているため、教員間では干渉しない傾向があるため、ハラスメントが発見されにくいのが現状です。

 

 

キャンパスハラスメントの事例

ここでは、キャンパスハラスメントの事例についてご紹介します。

  • 教授が研究中の女性学生に対して、肩や腕に触れたり、「胸大きいね。」「スタイルすごくいいよね、いい匂いするし。」などと発言する【セクハラ
  • 講義内での質問に答えられなかった学生に対して、「こんなことも答えられないなんて、将来困るぞ。本当にダメなやつだな。」などと言う【モラハラ
  • 「この研究論文、明日までにまとめておけよ。できないなら、この講義の単位落とすぞ。」と単位を理由に強要する【パワハラ
  • 研究に必要な費用を教授が支払うことなく、指導下である部下や学生に研究費を支払わせる【アカハラ

上記のように、セクハラ、モラハラ、パワハラ、アカハラなどが主に大学で報告されているハラスメントとなっています。

 

各ハラスメントのさらに詳しい事例はこちらから

セクハラの詳細はこちらをご覧ください。

セクシャルハラスメントとは?行為事例と対策・防止規定について
セクハラとは、セクシャルハラスメント(Sexual harassment)の略称であり、1970年代初めにアメリカの女性...

 

モラハラの詳細はこちらをご覧ください。

モラルハラスメントとは?夫婦間の事例や特徴・対策について
「モラルハラスメント」とは、言葉や態度などによって人の心を傷つける、精神的な暴力や嫌がらせのことです。 「モラハラ...

 

パワハラの詳細はこちらをご覧ください。

パワーハラスメントとは?厚生労働省の定義や訴え方・防止法について
「パワーハラスメント」とは、社会的に立場の高い者による、自らの権力や立場を利用した嫌がらせのことです。 「パワハラ...

 

アカハラの詳細はこちらをご覧ください。

アカデミックハラスメントとは?定義や具体例は?相談先や対応法は?
アカデミックハラスメントとは、大学などの学術機関や研究機関において、教職員や指導者が教育上・研究上または職場での権限を乱...

 

 

キャンパスハラスメントの対処法

ここでは、キャンパスハラスメントの被害に遭った場合に、個人でできる対処法についてご紹介します。

 

毅然とした態度で対応する

キャンパスハラスメントの被害に遭った場合には、毅然とした態度でしっかりと断ること、または注意することが重要です。

教授や職員など立場が上の人からハラスメント被害を受けた場合には、力関係から拒否しづらいものですが、弱腰にやんわりと中途半端に断ると、それに優越感を抱き、行為がさらにエスカレートする可能性もあります。

そのため、嫌なことはきっぱりと嫌だと伝えることおかしいと思うことはおかしいと訴えることが重要です。

 

ハラスメントの記録をとっておく

力関係から、ハラスメントを行う教授や職員に毅然とした対応が取れない場合は、ハラスメントに該当する被害を受けた場合の詳細をノートやメモ帳などに記録しておくと良いでしょう。

また、実際の言動を録音しておくことも有益な証拠となるため、ハラスメント被害の記録を集めて、証拠として提出することで、早期対応・改善を求めることが可能となります。

 

学内の相談窓口を利用する

キャンパスハラスメントの問題が多くニュースで報道されるようになったことを受けて、大学でも対策マニュアルや防止策についてまとめた、リーフレットなど資料やセミナーなどが開催されるなど、ハラスメントをなくすための体制が整えられつつあります。

学内でのハラスメントの被害をなくすためには、学内でのハラスメントの現状を周知することが重要ですので、学内の相談窓口にその事実を報告することが重要です。

 

 

キャンパスハラスメントの解決策

ここでは、キャンパスハラスメントの解決策についてご紹介します。

 

キャンパス・セクシュアル・ハラスメント・全国ネットワークを利用する

キャンパス・セクシュアル・全国ネットワークとは、教育現場におけるセクシュアル・ハラスメント問題の解決に寄与するために、教育機関、学術諸団体、各種運動体、司法関係者、カウンセリング機関などとの連携を通じて、情報交換、意識啓発、問題解決のための諸活動、被害者の支援などを行うことを目的とし、1997年に結成されたネットワークのことをいいます。

外部の相談機関であり、セクハラ問題限定にはなってしまいますが、関係機関との連携を密に行い、専門的な対処を行うことを目的としているため、学内での相談窓口よりも適切に対応してもらえる可能性が高くなります。

 

学外の相談窓口を利用する

学内での相談窓口を利用しても、十分な対応をしてもらえなかったり、改善が見られない場合には、学外の相談窓口を利用するのも一つの手段といえます。

大学側がなかなか対応に踏み切れない原因として、大学側のイメージダウンを避けるために、ハラスメントが行われていた事実を隠蔽しようとして揉み消すことも考えられます。

それを避けるためにも、学外の相談窓口を利用する方が、ハラスメント被害を真摯に受け止めて対応してもらうことができる可能性も高くなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました