ソーシャルハラスメントとは?意味や定義、事例とは?対策について

ハラスメントの種類と解決策
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

ソーシャルハラスメントとは、TwitterやLINE、Facebook、InstagramなどのSNSを利用した嫌がらせ行為のことを指します。また、ソーシャルメディアハラスメントとも呼ばれています。
スマホなどの携帯電話やパソコンが手放せないほど便利なツールであるSNSによる嫌がらせは、年々増加しています。
中には、プライベートに職場の上下関係を持ち込み、嫌がらせをすることによって、ストレスを感じたりトラブルに発展するケースも少なくありません。

こちらの記事では、ソーシャルハラスメントが増加している原因や事例、対処法や解決策について解説します。

スポンサーリンク

ソーシャルハラスメントが増加している原因

ソーシャルハラスメントが増加した背景として、上記に挙げたような個人用SNSや、メッセンジャーアプリの行き過ぎたビジネス利用が原因であるとされています。

SNSがどんどん進化し、他人とのコミュニケーションも容易に取れるようになったため、同僚同士だけでなく、上司や部下間や、取引先の人との連絡手段として利用されることも多くなり、業務上の連絡にも利用されることもあるほど便利なツールとなっています。

このように、本来であればプライベートで利用する個人SNSを、職場との線引きなく利用してしまうことで、やりとりを行う中で「不快な気分になることが増えた」「もしかしたら不快にさせてしまっているのかも」と思うようになり、ソーシャルハラスメントに繋がってしまうと考えられます。

また、ソーシャルハラスメントにとどまらず、やりとりを通してセクハラやパワハラ、マタハラなどの他のハラスメント行為を引き起こしたり、助長する原因となっている場合もあります。

ソーシャルハラスメントの事例

ここでは、職場上でのソーシャルハラスメントの事例をご紹介します。

SNSでの友達登録・追加を強要する

上司から「Facebookやってるよね?友達登録しようよ」などと言われると、登録したくなくても友達登録をしないといけなくなりますよね。

特に、顔写真を掲載しないといけないFacebookでは「SNSは興味がないのでやっていません」と言い逃れることもできず、渋々登録する、という場合も少なくありません。

それが脅されたなどの強制力がなかったとしても、上司からの圧力に逆らえず、友達登録をしなければいけないという不快感を感じた場合には、ソーハラに該当します。

SNSの投稿に関して「いいね」を強要する

TwitterInstagramなどでの投稿に関して、「いいね」を強要することもソーハラに該当します。

フォロワー数を増やすこと、または、自分の投稿に関して周囲に注目されること、賞賛をされることに快感を感じる人も少なくないため、「いいね」を強要するというような行為を悪気なく行ってしまう場合が多いです。

本来、「いいね」は本当に良いなと思って好意でするものであるため、強要してしまうと、パワハラにも該当してしまいますので注意が必要です。

メッセージを頻繁に送る

LINEなどのSNSを利用してメッセージを頻繁に相手に送ることも、ソーハラに該当します。

  • 「ちょっと、何してるの?」「私、今から用事があるから、代わりに仕事やっといてよ」「手が離せないから、ご飯買ってきて」など、業務や雑用を押し付けるようなメッセージを頻繁に送る
  • 「お疲れ様~。もう帰宅したのかな?」「今日は疲れただろうからゆっくり休んでね」「そういえば、今日は髪型変えたんだね」「すごく似合ってたよ。それで今度飲みにでも行かない?」など、立て続けにメッセージを送る

上記のようなメッセージが頻繁に届くと、すごくストレスになりますよね。

特に、上司や部下という職場の上下関係であれば、相手に嫌だとはっきり断ることができず、我慢することを余儀なくされることも少なくありません。

職場の上下関係であり、それほど仲良くない場合には、必要最低限の連絡は避け、適度な距離感を保つよう注意することが必要といえます。

SNSの投稿内容を不必要に言いふらす

SNSの投稿内容を不必要に言いふらしたり、投稿した写真を見せびらかして悪口を言ったりすることもソーハラに該当します。

同僚間または上司から部下に対して行われることが多く、言いふらしている本人も嫌がらせだと自覚して行っている場合がほとんどです。

SNSの投稿内容はあくまでもプライベートな内容であるため、不必要に言いふらすことはいじめにも繋がります。

ネットストーカー化し、生活を監視される

SNSの投稿内容を頻繁に確認するなど、ネットストーカーをすることで相手の私生活を監視し、すべての投稿に「いいね」をしたり、コメントをつけたりすることもソーハラに該当します。

また、それらの情報をすべて知ることで相手と付き合っていると勘違いして、「今、あのお店で飲んでるんだよね?近くにいるから、これから迎えにいこうか?」「今日は寝坊しちゃったんだね。言ってくれれば起こしたのに」など、相手に話していないプライベートな内容を織り交ぜたメッセージを頻繁に送ってくるケースも少なくありません。

これに性的なことを連想させる内容のメッセージが送られてくるようになると、セクハラにも該当するため、注意が必要です。

ソーシャルハラスメントに該当するかどうかは、個人の受け取り方次第

ソーシャルハラスメントに該当するかどうかは、SNSでのやりとりを相手が不快に感じるかどうかによって左右されます。

そのため、他の人からしたら不快に感じないようなやりとりであったとしても、その人にとって不快に感じるやりとりであった場合には、ソーシャルハラスメントに該当します。

ソーシャルハラスメントの対処法

ここでは、ソーシャルハラスメントに遭った場合に、個人でできる対処法をご紹介します。

SNSはしていないと嘘をつく

会社の上司からTwitterやLINEなどのアカウントを聞かれた場合、「SNSは苦手なんでやらないようにしてるんです」などと嘘をついてしまうのも対処法の一つです。

しかし、同僚などに「AさんってTwitterやってないって本当?」と聞かれてしまう可能性も高く、周囲に会社の上司にはアカウントを教えないという意思を示して周知しておかないと、その人たちからアカウントがばれてしまう可能性もあります。

本人の許可なくSNSのアカウントを教えるという行為はいけないことですが、悪気なく行ってしまう人も少なくないため、注意することが重要です。

名前や電話番号、メールアドレスで検索されないようにする

  • 実名で登録しないようにする
  • 電話番号やメールアドレスで検索されないようにする

上記の二つを普段から配慮しておくだけでも、検索からアカウントを特定されないために効果的な手段といえます。

特に、メールアドレスに関しては、G-mailやYahooメールなど、無料で作成できるアドレスも多くあるので、それらを活用してアカウントを作成すると良いでしょう。

また、プライベート用(仮名)と会社用(実名)でアカウントを別に作成し、投稿内容も情報が漏れても大丈夫なような内容のものに留めておくことでトラブルを防ぐこともできます。

会社関係の人を見かけたら、ブロックするなどの対策をする

これは、会社関係の人に本人のアカウントであることが判明していない場合に使える手段ですが、住んでいる地域などでSNS側が勝手に「友達かも?」などの表示をされた時、会社の人だと考えられるアカウントを発見した場合には、先手必勝でブロックしてしまうのも一つの手段といえます。

そうすることで、会社関連のアカウントに自分のアカウントがばれてしまう可能性を格段に減らすことができます。

社内の相談窓口を利用する

SNSでのやりとりによって、セクハラやパワハラなどの他のハラスメントに発展する危険性もあるため、事態を一早く改善・解決するためには、社内の相談窓口を利用することも有効な手段といえます。

また、SNSでのやりとりは、削除しないように注意すること、スクリーンショットなどでこまめに記録を残しておくことが重要です。

そうすることで、SNSでのやりとりを証拠として提出することができ、ただ相談する場合と比べても、格段に早く対応してもらえます。

ソーシャルハラスメントの解決策

ここでは、ソーシャルハラスメントに遭った場合の解決策についてご紹介します。

企業で管理・利用できるビジネスチャットや社内SNSを導入する

SNSの便利なコミュニケーションツールを利用しないということは、業務を円滑に進めるためには非常に厳しいと考えられます。

それを職場でも活用できるようにするためには、企業のみで管理・利用できるビジネスチャットや社内SNSを導入することが一番有効な手段といえます。

個人情報の利用も必要がなくなるため、社員個人のプライベートな情報が漏洩する心配もなく、チャットトークでのやりとりを管理画面からデータとして残せるので、社員間の私的なやりとりを抑制することにも繋がります。

社外の相談窓口を利用する

上記のように社内SNSを活用することで、SNSによる嫌がらせ行為はかなり抑制されるとは考えられるものの、個人間でのSNSでのトラブルまでは避けられません。

社内の相談窓口を利用した場合に、会社側から真剣に対応してもらえなかったり、改善が見込めなかった場合には、社外の相談窓口を利用することも一つの手段といえます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました