【逆パワハラ】産業医大教授が後輩を提訴 加害者らを特定?

気になる事件
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
「逆パワハラ」産業医大教授が提訴 「中傷で不当処分」主張
勤務する産業医科大(北九州市八幡西区)で誹謗(ひぼう)中傷の告発に基づき不当な懲戒処分を受け、うつ病を発症したとして、同大医学部の50...

 勤務する産業医科大(北九州市八幡西区)で誹謗(ひぼう)中傷の告発に基づき不当な懲戒処分を受け、うつ病を発症したとして、同大医学部の50代男性教授が同大と学校法人理事長、准教授ら計6人を相手に、懲戒処分の無効確認と約1100万円の損害賠償を求めて福岡地裁小倉支部に提訴したことが27日、分かった。提訴は8月30日付。教授は後輩から「逆パワハラ」を受けたと訴え、休職している。

原告側の代理人弁護士は「教授がハラスメント被害を訴えるケースは珍しい」としている。

訴状などによると、超過勤務の報告書を巡って昨年7月13日、教授が部下の残業申告を勘違いで消去し、自分がした当日の残業に書き換えるミスがあった。教授は部下に謝罪し、残業代も適切に支払われたが、別の准教授が「(教授は)時間外勤務を盗んでいる」などと大学に告発。昨年12月に大学の懲戒委員会から、職場規律を乱したなどとして、教授は減給10分の1(1カ月)の懲戒処分を受けた。

以降、准教授ら後輩の「逆パワハラ」が強まった。処分に関する説明会では、後輩から「公文書偽造だ」「信頼回復はしない」と糾弾された。別の場では医局員の前で謝罪を強要されたり、後輩医師が業務命令に従わなかったりすることもあった。懲戒処分が出る前には、土下座に追い込まれたこともあったという。

同大病院長からは、他の病院でのアルバイトを自粛するよう指示されたといい、教授は「懲戒委は結論ありきで、処分理由も不明確。私を退職に追い込もうとして、上司や部下が嫌がらせを続けている」と主張している。教授は3月下旬から休職している。

産業医科大は「この件に関して、コメントは差し控えたい」としている。

(西日本新聞)

今回の件は、大学教授が部下から受けたハラスメント被害を訴え、損害賠償を請求するという珍しいケースといえます。

実際、パワハラを行うのは立場が上の者から下の者への場合が非常に多く、それだけがパワハラに該当すると勘違いされがちですが、立場が下の者から上の者に対して行われる場合も、立派なパワハラに該当します。

パワハラの詳細はこちらに記載しております。

パワーハラスメントとは?厚生労働省の定義や訴え方・防止法について
「パワーハラスメント」とは、社会的に立場の高い者による、自らの権力や立場を利用した嫌がらせのことです。 「パワハラ...

また、今回の件は大学のキャンパス内で起こったハラスメントであるため、キャンパスハラスメントアカデミックハラスメントにも該当します。

キャンパスハラスメントの詳細はこちらに記載しております。

キャンパスハラスメントとは?事例や防止策、ネットワークについて
キャンパスハラスメントとは、キャンパス(大学)で行われるハラスメント(嫌がらせ)のことを指します。 スクールハラス...

アカデミックハラスメントの詳細はこちらに記載しております。

アカデミックハラスメントとは?定義や具体例は?相談先や対応法は?
アカデミックハラスメントとは、大学などの学術機関や研究機関において、教職員や指導者が教育上・研究上または職場での権限を乱...
スポンサーリンク

提訴した訴状の内容は?パワハラの内容は?

産業医科大学の医学部に勤める50代男性教授が、部下である准教授らから逆パワハラを受けたとして、大学と学校法人理事長、准教授らの計6人に、懲戒処分の無効確認と約1100万円の損害賠償を求めて福岡地裁小倉支部に提訴しました。

逆パワハラの内容としては、後輩から「公文書詐欺だ」「信頼回復はしない」と言われたり、医局員の前で謝罪を強要されたり、後輩医師が業務命令に従わないこともあったそうです。

加害者である准教授らには懲戒処分が下されていますが、下される前には、土下座に追い込まれたこともあったそうです。

逆パワハラに至る経緯として、勘違いとはいえ、被害者である男性教授が後輩がした超過勤務の報告を自分のものとして扱ったことも問題ですよね。

しかし、それを受けたからといって、パワハラを行うことは許しがたい行為といえます。

後輩である准教授らの名前は?顔写真は?

逆パワハラを行ったとして、提訴を受けた准教授らの名前や顔写真は特定されていません。

また、産業医科大学では、「今回の件に関して、コメントは差し控えたい」としており、逆パワハラの内容については質問をされたとしても、詳細を話すつもりはないようです。

分かり次第、追記いたします。

最後に

50代男性教授は、誹謗中傷の告発に基づき不当な懲戒処分を受けたこと、後輩である准教授らからのパワハラ被害により、今年3月中旬から休職していました。

それが原因となり、うつ病を発症してしまい、現在も休職中とのことです。

今回のように、教授から部下に対して提訴するというケースは珍しいとされていますが、勇気のある行動だったといえます。

今後、大学や学校法人理事長、准教授ら計6人に、どのように対応が行われるのかが注目されるところですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました