奈良県市立小 4教諭がパワハラ訴え 市教委は否定【加害者ら特定?】

気になる事件
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
奈良・大和郡山市立小の教諭4人「上司や同僚6人がパワハラ」、体調不良で休む 市教委など否定 - 毎日新聞
 奈良県大和郡山市立郡山南小学校(鍵本光弘校長)で教諭を務める20~50代の男女4人が9月初めから体調不良で学校を休み、理由として上司や同僚6人からのパワーハラスメントやいじめを訴えている。4人が30日、毎日新聞などの取材に応じて明らかにした。市教委は調査の結果、「県教委のパワハラ防止指針などに基づ

 奈良県大和郡山市立郡山南小学校(鍵本光弘校長)で教諭を務める20~50代の男女4人が9月初めから体調不良で学校を休み、理由として上司や同僚6人からのパワーハラスメントやいじめを訴えている。4人が30日、毎日新聞などの取材に応じて明らかにした。市教委は調査の結果、「県教委のパワハラ防止指針などに基づくと現時点でパワハラに当たらない」と否定的な見方を示し、新たな事実が判明すれば改めて調査するという。

4人は同校の2年と3年の学級担任で男性1人、女性3人。このうち20代の女性教諭は昨年度以降、同じ学年を受け持つ先輩の女性教員から「秘書」と呼ばれて雑務を押しつけられたり、連絡事項を伝えられなかったりといった嫌がらせを受けたという。女性教諭は今年3月、当時の校長に配置換えを求めたが実現せず、4月に現在の鍵本校長が就任後も嫌がらせが続き、7月にストレスが原因の心臓の病気を発症した。

他の3人も、この女性教員を含む教員計6人から厳しい叱責などを受けたと主張。4人は8月末、一緒に学校や市教委に改善を訴えた。学校や市教委は校内で聞き取りし、「パワハラなどは確認できなかった」と結論。4人はいずれも心因性の病気とする医師の診断書を提出した上で2学期開始の9月2日から学校を休んでいる。

4人は「子供たちには大変申し訳なく思っている」と早期の職場復帰を希望し、パワハラやいじめの事実を認めるよう求めている。また、人事行政に専門的・中立的立場で意見する県人事委員会に、職場環境の改善や市外の学校への異動を求める措置要求書を郵送したという。
(毎日新聞)

神戸市での教員間のいじめ問題に引き続き、郡山市でも教員間のパワーハラスメントやいじめ問題が発覚しましたね。

パワーハラスメントとは?厚生労働省の定義や訴え方・防止法について
「パワーハラスメント」とは、社会的に立場の高い者による、自らの権力や立場を利用した嫌がらせのことです。 「パワハラ」という略語で呼ばれ、主に、同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範...

今回の件は、毎日新聞などの取材から明らかになったとのことですが、その内容とは一体どのようなものでしょうか。

順を追って見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

教員間のパワハラ・いじめ問題の内容とは

奈良県の大和郡山市立郡山南小学校で教諭を務める20~50代の男女4人が、上司や同僚6人のパワーハラスメントやいじめを訴えました。

2年と3年の学級担任の男性教諭1人、女性教諭3人の4人とのことですが、この4人ともがいずれも心因性の病気にかかっており、少なくとも3ヶ月~4ヶ月の休養が必要と言われているようです。

主な内容としては、20代の女性教諭が昨年度以降、同じ学年を受け持つ先輩の女性教員から「秘書」と呼ばれて雑務を押しつけられたり、連絡事項を伝えられなかったりといった嫌がらせを今年の7月まで長期間受け続け、ストレスが原因の心臓の病気を発症したとのことです。

他の3人も、この女性教員を含む教員計6人から厳しい叱責などを受けたと主張しています。

大和郡山市立郡山南小学校とは

大和郡山市立郡山南小学校は、奈良県の大和郡山市柳町に位置する市立の小学校です。

元々は明治6年12月に郡山市に6小学校が建てられたのが始まりであり、昭和16年には郡山国民学校、昭和22年には郡山小学校、昭和46年には郡山南小学校と改称されていきました。

何回か、分校を繰り返してできたのが今の郡山南小学校ですが、学校としては、「日本一楽しい学校にしよう!!」をスローガンとしているそうです。

しかし、子どもにとって日本一楽しい学校にしようと謳っているのであれば、教員間でのいじめ問題は非常にまずい状況ではないでしょうか。

パワハラ加害者である教員6人の氏名は?顔写真は?

パワハラ加害者である教員6人の氏名や顔写真はまだ判明しておりません。

分かり次第、追記いたします。

市教委の今後の対応とは?

パワハラといじめを訴えた教諭4人は、心因性の病気とする医師の診断書を提出の上、2学期開始の9月2日から現在も引き続き学校を休職しているそうです。

教諭4人は今年の8月末に学校と市教委に改善を訴えたとのことですが、加害者である教諭6人に聞き取り調査を行った結果、市教委は「県教委のパワハラ防止指針などに基づくと現時点でパワハラに当たらない」と、4人の訴えを否定しました。

新事実が発覚次第、改めて詳しく調査を行うとのことですが、4人ともが医師からの診断書を提出できるほどの心身のダメージを受けているにも関わらず、「新事実が発覚次第、対応します」というのは、あまりにも理不尽ではないでしょうか。

パワーハラスメントに該当せずとも、いじめであることには変わりがないこと、4人ともが医師からの診断書が下りるほどの心身のダメージを受けていることは紛れもない事実です。

今後の対応が非常に気になるところですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました