空気階段のネタ作りはどっちが担当?作り方やこだわりについても!

キングオブコント王者の空気階段が面白いと話題です!

空気階段のコントは非常に面白いですが、ネタ作りはどっちが担当してるのでしょうか??

空気階段のネタを書いてる方はどっちなのか、また、ネタの作り方やこだわりについても詳しく見ていきたいと思います!

スポンサーリンク

空気階段のネタ作りはどっちが担当?

空気階段のネタ作りは、鈴木もぐらさん、水川かたまりさんの2人で話し合って行っているようです。

ネタはどちらかが主導して作る場合もあるが、基本的には2人で話し合って作っている
Wikipedia

空気階段は、クズキャラの鈴木もぐらさんに注目されがちです。

しかし、以前は、空気階段のネタ作りは、基本的につっこみの水川かたまりさんが担当していたそうです。

そして、水川かたまりさんの作ったネタは、非常に好評で才能があると評価されています。

今では、徐々に、ボケの鈴木もぐらさんも、ネタ作りに参加するようになったようです。

水川 最近はパターンが変わってきてますね。僕がまるまる一本書いて渡すときもあれば、もぐらが書いてというのもありますし。2人で話し合うパターンが一番多いんじゃないですかね。
日刊サイゾー

そして、どちらかが主導で作る、または、2人で話し合って作るというパターンになったようです。

では、空気階段のネタは、どのようにして作られているのでしょうか??

スポンサーリンク

空気階段のネタの作り方は?

空気階段のコントは、ネタが作り込まれていると評判です!

では、そんな空気階段のネタは、どのように作っているのでしょうか?

空気階段のネタは、大枠に関しては、2人で話し合って決めるようです。

鈴木 こういう設定でこういうキャラでこうボケて、というのは2人で話して、道が見えたら僕はお役御免で、あとは水川がバーッと書いて形にしてくれてます。そうしないとまとまらないんで。
日刊サイゾー

そして、道筋が見えると、あとは、水川かたまりさんが、形にするようですね。

――あっ、そうなんですね。かたまりさんが一字一句書いてるものと勝手に考えてました。
鈴木 一字一句みたいな人間じゃないですよ! 「このへんは適当に」もありますし。
日刊サイゾー

水川かたまりさんが、緻密に作っているという印象ですが、割と大まかに作っているようですね。

大喜利的なボケなら、もぐらさんに考えてもらうほうが面白くなるので、考えてもらったりするようです。

また、借金がある役の一言に関しても、実際に借金のあるもぐらさんのほうがリアルですしね!

スポンサーリンク

空気階段のネタ作りのこだわりは?

また、空気階段の2人には、コントを作る際のこだわりもあるようです!

水川かたまりさんは、「人がイヤな気持ちになることはやらない」と決めているようです。

お笑いも、時代とともに、暴力的であったり、人をイヤな気持ちにさせるものは、減ってきていますよね!

水川 人がイヤな気持ちになることはやらないですね。
日刊サイゾー

鈴木もぐらさんは、「自分たちの経験や、納得できることをコントにしている」とのことです。

僕らは、自分たちの経験や、納得できることをコントにしてますね。
QJWeb

また、もぐらさんは、細部にまでこだわっているようです。

細部へのこだわりは僕の自己満で、多分ほとんどのお客さんには関係ないのかなと思います。
QJWeb

  • SMのコントでは、マゾの人が言わないようなことは言わない
  • ギャンブルに大負けした人は、うなだれて帰宅するのではなく、さらに金借りて風俗行く
  • 始めて付き合った女性と結婚したので、大人の恋愛はわからない
  • ヤリチンのコントはわざわざやりたくない

などと、自分たちの経験や納得できることをコントにしているようです!

スポンサーリンク